*事例* 背中の痛みは前世から持ち越したものでした

 

剣の人

「背中の剣はいつか自分のことをちゃんと思い出してほしい・・・そんな想いで自分が刺した。悪かった・・・」

 

仲裁

「もう抜いてもいいですか?この剣があるからこの人は背中に痛みがあるのです。」

 

剣の人

「申し訳なくて抜きたい気持ちと抜いてしまうと自分が完全に忘れられてしまう。そんな怖さと・・・」

 

痛みをもつ人

「あなたのことは私の細胞がしっかり記憶しています。戦士としての心の強さ。高貴なる人とは、どういうことか。そして、美しくいるとは、どういうことか。

 

きっと、剣があったお陰で・・・いえ、あなたのお陰で乗り越えられたことたくさんあります。あなたのこと、忘れません。ありがとう。」

 

それを聞いた剣の人の目から涙が流れ涙が流れたと同時に背中の剣は抜かれた。

 

ただ、剣が刺さっていた場所には大きな傷が残っていた。皮膚とその下の部分は十文字に裂かれ見るからに痛々しかった。

 

剣の人

「金でできたもの。傷が隠れるように、十文字にして。金でできた土台に光る石を散りばめて。」

 

剣の人の手には純金でできた黄金の十文字にダイヤのように煌びやかな光を放つ石がいっぱいに散りばめられたまるで宝石のような物があった。

 

剣の人

「これを貼っておけば傷が癒える。全部の傷・・・身体の傷も。心の傷も。そして、私の傷も。」

 

そう言って、剣の人はそれを傷の上に貼り付けた。

 

傷は戦士の証。痛々しかった傷跡が煌びやかに輝いていた。まるで勲章を与えられた戦士のようだった。

 

それを見た剣の人は静かに頷いた。

 

一瞬、周りがパッと明るくなった。

 

そして、剣の人はその光と共に自分の還るべき所へ戻っていった。

 

「blog サロンのブログ」にも多くの事例を掲載しています。宜しければ、併せてご覧くださいませ。

 


オープンハートのヒプノセラピーお申し込み