前世2時間・潜在意識に委ねましょう

「予想や期待は、今日は一旦横におきましょう。ご自分の潜在意識を信じて何でも見る。体験する。そんなお気持ちで催眠にはいると、より充実したセッションになります。」

 

催眠にはいる前にこのご説明をしています。そして催眠スタート。最初はスムーズに進みますが大切な場面にはいると「みえない」「わからない」が続きます。

 

催眠から覚めると驚かれたように

 

「自分の中ではこうだっていう前世があって。それが見えるはずだったんですけど。ブロックがあるってことでしょうか」

 

「ある人から私の前世をきいていて。それがみえるはずだったんですが、なんで見えないんだろう」

 

特に前世2時間を受ける方に、このようなお話しをされる方がいらっしゃる印象です。

 

確かに前世に入るときは「テーマ」をもって催眠にはいります。

 

・今日見るべき前世

・〇〇(人・場所など)に繋がる前世

・〇〇(心や体の症状)の原因がわかる前世

 

ただ、あくまでも大枠だけ。催眠に入ると潜在意識が解放され、その方が、その時に受け取るべきメッセージが受け取れるので何が見えるかは潜在意識にお任せなのです。

 

潜在意識に委ねて何でも見よう。何でも体験しよう。そんなお気持ちでいらしてください。

 

尚、前世へ退行しても見えない、わからないが続く場合は暗示催眠、パノラマセラピー、ソマティックヒーリング、チャクラセラピーなどへ方向転換します。

 

どの方にも実のあるセッションになるよう進めていくのでご安心ください。

 


オープンハートのヒプノセラピーお申し込み